[オススメドラマ]今期やっているドラマ「光のお父さん」が面白すぎる件について[紹介]

ドラマなのに、撮影舞台の8割以上はオンラインゲーム内な斬新すぎるドラマです

皆様こんにちは!管理人たまりです!

俳優の大杉漣さんが結構好きなんですけど、今期やっているドラマに出演している作品があります

その作品名は「光のお父さん」というドラマです!

舞台は大人気オンラインゲーム「ファイナルファンタジー14」が舞台となっています

・あらすじ

ネット上のゲーム仲間たちと共に、MMORPGゲーム『ファイナルファンタジーXIV』を楽しんでいる、ゲーム好きの青年であるハンドルネーム「マイディー」こと稲葉 光生

光生はある日、仕事熱心だった父親が突然退職したと聞きその心境を案じる

しかし、幼いころに行き違って以来いつの間にか父子の間では会話がなくなっていた

その悩みを『FFXIV』の仲間(FCメンバー)に相談したところ、ゲーム内に父親を招待すれば、と提案される

―父親、博太郎の操作するキャラクター「インディ」に、あえて息子であることを隠して近づき

フレンド登録して共に冒険を続け、現実とオンライン上を行き来しながら父親のゲーム攻略をサポートし

攻略終盤のボスを倒した後に正体を明かす――、それは数ヶ月がかりの、壮大なオンラインキャラクター育成プロジェクトであった

フレンド達の協力のもと、様々な困難を乗り越えて、

父・博太郎を『FFXIV』の世界における勇者、「光の戦士」へと鍛え上げていく「光のお父さん計画」が、今、始まるのだった

・ドラマを見ての感想

オンラインゲームの実写化だと思いましたか?

この作品は仕事一筋だった父親が突如仕事を辞めてしまい、

その父親に心境を聞きたくても、ずっと話をしていなかったため話すことが出来なかった

そこで、父親に自分もやっている人気オンラインゲーム「ファイナルファンタジー14」をプレイさせて

自分のキャラでこっそりと父親を強くしていき、終盤まで迎えた時に父親に正体を伝えようとする

壮大な父親孝行物語です!

このドラマの凄い所は実写パートは親子の回想シーンや、会社での会話シーンくらいで

後は全部ゲーム内での撮影になっているそうです

ドラマを見ていると、自分の父親も定年を迎えているし、父親と2人きりになっても全然話さないし、自分と共通している部分が多くて惹きこまれました

この壮大な父親孝行物語なんですけど、毎話父親役の大杉漣さんがちょっと可愛くて面白いです(笑

奥さんに怒られて、ゲームは一日一時間まで!と言われてしょげてるシーンもかなり好きでした

冒頭のシーンで「親孝行したい時に親はなし」といった諺を使っていましたが

その通りだなって思ったのと、こういう親孝行があるのかって思ってしまいました

確かに、ゲーム好きな人だったら一緒にゲームやって、新しい趣味にして貰えたら喜ばしいですよね

皆様も親孝行できる時にしておきましょうね!

ちなみに原作のSSも全話ありますので、下記に張っておきます

僕はドラマを全話見終えてから読んでみようと思います

・どういう人にオススメ?

ゲーム好きな会社員かつ、親が退職していたら、このドラマを見ていると、自分も何かしてあげたいって思わせられますね

なので、そういう人に是非見てもらいたい

そして、FFをやっている方もオススメです

まだ見ていないという方も是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

・最後に

こういう作品見てると、自分もFF14やりたくなってきてしまう(笑

僕自身かなりハマってしまうタイプの人間なんで

絶対やり始めたら、無限にやりそうな気がして怖いです

なので、とりあえずフリートライアル版があるそうなので、

それだけやってみようかな?(笑

6話の感想記事は以下にあります!

 

と、いうわけで今回の紹介記事は以上になります!

また次回の更新でお会いしましょう!管理人たまりでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。