少年サンデーで今アツい少年漫画といえば?

こんばんわ!

前にやっていたマンガ感想のブログをゆっくりと引っ越しさせていこうと思います

そんなわけでオススメマンガ紹介第一回目です!

今回紹介するマンガは

「マギ」です

・あらすじ

 オアシスからオアシスへと隊商[キャラバン]が移動する…

これは、そんな世界を旅するアラジンたちが紡ぎ出す、魔導冒険奇譚!!

全ての生命の魂をつなぐ[ルフ]。世界を導く王を選定する[マギ]。

[ルフ]に愛され、その力を借りることで[マギ]は不思議な力を発揮できる。

アラジンはその[マギ]の一人だという。

一方、[黒いルフ]により世界を堕転させ、暗黒に陥れることを願う[アル・サーメン]という組織も存在。

[ルフ]に愛されたアラジンは、彼が王と見込んだアリババ、

そして元奴隷でアリババの眷属となったモルジアナと共に、次第に組織と戦っていくこととなる。

その後、アラジンが留学した魔導都市マグノシュタットで[暗黒点]が開き、

すべてを破壊に導く“依り代”が呼び出されてしまう。

この世界の危機に各国の金属器使い達が集結、力を合わせ依り代を消滅させ、凄惨な戦いを終結させた。

マグノシュタットの惨状を受け、アラジンの提案でシンドリア、

煌帝国、レーム帝国の重鎮が集う、世界会談が開かれた。

そこでアラジンは、自分の持つ“ソロモンの知恵”の力により、

かつて滅びた異世界「アルマトラン」について語る。

偉大なソロモン王がいながら滅びてしまった「アルマトラン」。

その滅亡の原因となった組織[アル・サーメン]と対抗するため、

アラジンは多くの金属器使いを有する三国に「停戦協定」を持ちかける。

だがそこへ、[アル・サーメン]と関わりを持つ煌帝国で反乱が起き、堕転した白龍が皇帝となる。

[マギ]と[王の器]の戦いは激化し、アラジンはアリババ、白龍はジュダルを失うという痛み分けに。

さらに煌帝国の皇位をかけた大戦が勃発する…

凄惨な煌帝国の大戦から3年。

精神の世界にいたアリババが元の世界に帰還すると、

そこはシンドバッドが作った「国際同盟」により、平和で豊かな世界が実現していた。

しかし一方で、アラジンとモルジアナが失踪し、同時期に白龍も行方不明となっていた。

アリババが精神世界で得た情報によると、シンドバッドは半分堕転し、

世界の破滅と再生を繰り返す「ダビデ」と一体化しているという…

そしてダビデが狙っているのが「アラジン」だと…

真相を確かめるため、アラジンを救うため、アリババは新たな世界へと旅立つ!!

・アニメ化もされたかなりの人気作!

かなり有名な漫画で、アニメ化も以前されましたね。

でも、全部読んだことある人は少ないんじゃないかな。

はっきり言ってサンデーの漫画とは思えないくらいの

シリアス展開がとても長かったんで

読むのをちょっとやめてた時期がありました

しかしながら最終章に突入して

面白さが爆発的に上がりました!

・白龍戦で敗れた死んだアリババだったが、、、?

アリババ&アラジンVS白龍&ジュダル戦から爆発的に面白くなりました!(個人的に

死んだと思われていたアリババが魂の世界に飛ばされ帰ってきてからが新章になります

最終章はワンピースとかフェアリーテイルみたいに

数年後の話が舞台になっています(マギは3年後の世界

主人公はアラジンからアリババに変わり(と言っても昔からアリババとアラジンのW主人公みたいな感じでしたけど

・アリババ君に縁のある人達との再会

アリババ君が元の世界に戻って

様々な懐かしいキャラ達と邂逅いきます

そのシーンの数々がとてもアツイです!

紅龍との邂逅からのシンドバットさんとの口論がかなり大好きです!

その後のアラジン&モルジアナとの再会も感動的でした

アリババ君だけ成長してないのがちょっとかわいそうに思えてきました(商人・戦闘面ではかなり成長しているけど

そして、かつての敵であった白龍・ジュダルと再会し共闘がはじまります

ついにシンドバット戦が始まり、少年漫画らしいアツさが爆発しています!

・物語もついに佳境です!

僕みたいに、途中まで読んでいたけど

もう読んでないって人は是非またもう一度読んでもらいたいです

今が一番面白い展開かつ最終章なので

是非読んでみてください!!

HP:マギ(小学館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。