[オススメマンガ]泣ける大人気音楽マンガ「四月は君の嘘」の紹介です!

泣ける音楽マンガの紹介です!

皆様こんにちは!管理人たまりです!

今回のオススメ漫画「四月は君の嘘」の紹介です

この漫画はアニメ化・映画化もされた超人気作になっていますね

知ってる方は多いと思いますが、かなり面白いので、

まだ読んだことの無いかたは是非読んでみてほしいです!

・あらすじ

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、

「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、

母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う

ヴァイオリンコンクールでのかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、

母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める

・読んだ感想

この漫画はもうすでに完結しています

主人公の有馬公生は、初めから天才的スペックを持っていて、母親のスパルタ教育も有って、将来有望とされていましたが

母の死から、音楽から遠ざかっていきました

それでもヒロインのかおりちゃんとの出会いから、またもう一度ピアノを引き始めて

音楽の舞台に立つために奮闘する漫画です

公生は天才的なピアニストでしたが、現在は自分のピアノの音がわからないという状態になっています

でも、かおりと出会い、音がわからなくてもピアノを演奏する姿はとてもカッコよかったです!

中盤~終盤にかけてヒロインがあまり登場しなくなり、公生メインで物語は続いていきますが

時々出てくるかおりちゃんに癒されました(笑

このマンガを読んでいると何故かカヌレが食べたくなりますね

この漫画を最後まで見終わったときに、涙腺崩壊しました

 

何となくこういう終わり方をするのかな・・・って想像はしていましたが

それでもこの終わり方は胸を締め付けられますね

このタイトルを付けていたので、おそらくプロットはすでに1話の段階で

最終話までできてたんだろうなって思います

作者さん天才だろ!って本当に思いました

巻数は全部で10数巻しかないんで

空いているときにすぐに読めるのもありがたい点ですね!

色々音楽漫画を紹介したと思いますが

その中では、これが一番面白い!

っというか終わり方が感動したって感じが強いです

・どういう人にオススメ?

万人にオススメしたいマンガです

老若男女問わず、誰にでも読んでもらいたい、そんな作品になります!

終盤にかけてラストまで涙腺崩壊しっぱなしになるので

そこだけは注意してくださいね!(笑

・最後に

もうすぐ5月も終わりですね!

5月の末には今月紹介していったマンガのオススメまとめを記事にしていこうと思います

これからもよろしくお願いします!

 

それでは今回の記事はこれで終わりにします!

また次回の更新でお会いしましょう!管理人たまりでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。